まもなく梅雨明け!
世界の“雨”を知ろう

まもなく梅雨明け!
世界の“雨”を知ろう

By GDI Communications

まもなく梅雨があけ、夏の到来が目前まで迫っていますが、皆様いかがおすごしでしょうか。
このジメジメとした季節が来るたびに、日本を脱出したい!と思う方も少なくないと思います。そこで、今日は日本の「梅雨(Tsuyu)」と世界の「雨季(rainy season)」についてお話ししたいと思います。

そもそも「梅雨」って?「雨季」とは何が違うの?と思う方もいるかもしれません。実は世界的に見て「梅雨」というのは、日本を含む極東アジアにしかない、6月から7月に訪れる「雨季」を指します。「梅雨」と呼ばれる雨は、季節風がもたらす梅雨前線によって降る雨をさすため、梅雨前線がかかる中国や韓国、台湾といった一部の国にしかないのです。

しかし、世界を見れば地域によっては「雨季」と呼ばれ、1年で最も多く雨が降る季節があります。雨の降り方や雨の呼び名など、地域ごとに紹介していきます。まだまだコロナ禍で海外旅行が難しい状況ではありますが、コロナが落ち着いたらぜひ世界の雨を体験してみてください♪

<東アジア> 中国、韓国、台湾、日本 平均して5月から7月頃にかけ、梅雨前線(baiu front)の影響により降る雨を指します。しとしと(drizzling)やぱらぱら(shower)降る雨から、ざーっと降る雨(heavy rain / pouring)など、前線によって様々な雨が降ります。また、湿度も高くなり、じとじと(humid)する日が多いです。

<東南アジア>ベトナム、フィリピン、インドネシアなど
東南アジアでは、赤道に近い国(熱帯気候:tropical climate)とそうでない国で雨季に差があります。平均的には5月から10月頃まで長い雨季があり、短時間のうちに天候が変化し大雨をもたらすスコール(squall)と呼ばれる雨は、多くの国で甚大な水害をもたらします。

<ヨーロッパ>
観光で人気のあるヨーロッパ各地では、「雨季」のようにまとまった雨が降る季節が存在しません。その代わり、年間を通して雨が降ったり、曇天の日が続いたりと、どんよりとした日(overcast)が多いのが特徴です。ヨーロッパを旅行する時は、しっかりと雨対策をしましょう。

<北米>
北米では、広大な国土から地域によって天候に差があります。アメリカにおいては、ニューヨークなどの東海岸ではヨーロッパ同様「雨季」がなく、1年を通して雨が降ります。西海岸に位置するロサンゼルスでは1年を通して温かく、そもそも雨が少ないためカラッとした過ごしやすい気候です。北東部に位置するシカゴでは夏に湿気が多く、雷を伴う嵐(thunderstorm)が多く発生し、秋口には他の月に比べて雨が多くなる傾向があります。しかし、年間の降雨量を通してみると均一な傾向にあるため、「雨季」とはなりません。

世界の雨はいかがでしたか?
ちなみにですが、日本では降る時期や降り方によって雨の呼び名が変わりますよね。晩春に降る「春雨」、梅雨の別名で5月に降る「五月雨」、夏の暑い日の夕方に降る「夕立」や雷を伴う「神立」、秋に降る冷たい「秋雨」や「霧雨」、晩秋から冬にかけての「時雨」や「寒の雨」など、一説によるとその数は400語以上と言われているそうです。四季折々の風情を大切にする日本ならではの表現は、英訳することも難しく、日本古来の情緒を感じます。そう思えば梅雨の雨も少しは楽しめるのではないでしょうか。

もう少し梅雨の時期を楽しんで、夏本番に備えましょう!