海外事業サポートGPOD
導入事例

海外事業サポートGPOD
導入事例

By Global Business Development GPOD

お客様
医療系製造メーカー様

導入前の課題
海外事業展開プロジェクトに伴う、海外企業とのコミュニケーション、交渉、営業、マーケティングを含む総合的な海外事業戦略
導入の成果
●コミュニケーション
プロジェクトに関わる社員様の英語力を向上させ、メールのやり取りや英文資料作成等の指導にあたり、ビジネス英語全般のスキルアップを実現しました。英語を使用することへの抵抗感をなくし、全員が自信を持って英語でコミュニケーションを取れるよう語学研修を企画、実施しました。また、語学力の向上だけではなく、海外の企業を相手にプレゼンテーションや交渉を行うビジネススキルのノウハウを指導することで、現場でも力を発揮できるよう指導しました。

●社内システムの改善
社内に存在する日本の伝統的な組織や決裁権限のあり方等、海外と折衝する上で弊害となり得る、それまでの社内の方式を抜本から改革することを提案し、国際基準にあったやり方とスピードでプロジェクトが遂行できるよう多角的な視点から改善策を提案、実施しました。これにより、海外市場でも競合できるようになりました。

●海外営業・マーケティング方法の刷新
それまで国内で展開していた、典型的な営業やマーケティングの手段を海外事業展開プロジェクトに流用せず、海外展開に適した現代の市場に見合うマーケティング法の導入を提案しました。また、顧客のフォロー体制をシステム化へと導く等、受入先企業にとって新しい方法を積極的に採用し、世界で通用するための大々的且つ柔軟な改革を提案、実行することで、海外展開をより確実なものとしました。
海外事業展開を実現するGPODの熱意と変革
日本の歴史ある企業が世界へと一歩を踏み出す時に、それまでの風習や伝統に大胆な改革をもたらすことは、企業にとってもGPODにとっても決して容易なことではありません。企業が設定した海外展開という大きな目標を到達するために、GPODが常々自問していたのは、「目標を到達する為に何が必要なのか」「今何が問題なのか」「どうすれば問題解決につながり、次のステップが踏めるのか」「どうやれば現状を変えられるのか」という点です。
GPOD自身のコミュニケーション能力や豊富な経験はもちろん、このような改革への熱意が配属先の企業とGPODを結ぶ信頼関係へと繋がり、その結果お客様の社内に大きな変革をもたらし、海外事業展開という大きな目標を到達させたのです。
GPOD自身が書いた詳細は下記のリンクから読むことができます。
Growing Japanese Business Overseas – A GPODs Perspective