海外進出時によくある課題と
その解決方法

海外進出時によくある課題とその解決方法

By Global Business Development GPOD

人口減少・高齢化などによる国内市場の縮小傾向に伴い、海外展開・海外進出を考える企業が増えています。しかし、実際に海外進出を検討すると、様々な課題や問題に直面します。その中でも一般的に多いと言われているのが、「人材の確保・育成」「言語・文化・商慣習などの違い」「情報不足」です。

今回はそれぞれの課題と、その解決方法についてお話ししたいと思います。

 

①人材の確保・育成

 

海外進出時のよくある課題について紹介しましたが、これらの課題はどの企業にも共通する内容ではないでしょうか。海外進出における障壁は高く、そのためには海外展開を主導していくためのグローバル人材や外国人人材の活用は必要不可欠です。しかし、社内でこのような人材を雇用し、育成することが困難だと考えている企業が多くいます。そこで、海外経験豊富で国際感覚に長けた弊社の海外事業サポートGPODを活用することで、貴社の海外進出をお助けすることが可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

②言語・文化・商慣習などの違い

国や地域が違えば、言語・文化・商慣習などが大きく異なり、コミュニケーションの取り方も変化します。コミュニケーションはビジネスにおいて基本であり、現地の言葉を習得する必要があります。また、その国のルールを理解しておかなければ、現地でのビジネス成功は不可能と言えるでしょう。国内での成功事例が必ず海外でも通用するとは限りません。現地の需要や価値観に合わせて現地化すると共に、自社のこだわりを大切にすることも重要です。

③情報不足

事前に「市場規模」「競合企業」「顧客のニーズ」などといった膨大な現地情報を集める必要があります。統計情報などのデータはインターネットで容易に収集可能ですが、現地ニーズを日本にいながら把握するのは、不可能に近いでしょう。海外進出以前に現地の正確な情報を手に入れるのは、困難を極めます。一方、その情報量の多さが海外進出の鍵と言っても過言ではありません。それらの情報が、実際に進出できるのか、商品やサービスを変えていかなければならないのかなどビジネス戦略を練る上で重要で判断材料となります。しかし十分な情報が取れず、また情報をしっかり分析し戦略に活かしきれていないまま進出してしまう企業は多く存在します。

海外進出時のよくある課題について紹介しましたが、これらの課題はどの企業にも共通する内容ではないでしょうか。海外進出における障壁は高く、そのためには海外展開を主導していくためのグローバル人材や外国人人材の活用は必要不可欠です。しかし、社内でこのような人材を雇用し、育成することが困難だと考えている企業が多くいます。そこで、海外経験豊富で国際感覚に長けた弊社の海外事業サポートGPODを活用することで、貴社の海外進出をお助けすることが可能です。ぜひお気軽にご相談ください。