GDI Bi-Monthly Newsletter – 2018.08

GDI Bi-Monthly Newsletter 2018


・・GDIは世界へ飛び立つ企業様への全面的サポートを致します。・・

GDI D I V I S I O N A L N E W S

Please click on below pictures to go to related articles.

1. GPODs News
日本の国際労働力活用及び移民制度について


2. Training News
好意的な第一印象を抱いてもらうには…?


3. Global Study News
カナダの四季について
GDI留学先であるバンクーバーの気候について


4. New Staff introduction
8月入社 渡辺さんの新入社員紹介

Dear Valued Customers, Clients and Friends of GDI

親愛なるお客さま、友人の方々、そしてGDIスタッフのみなさまへ

I hope this edition of the GDI Bi-Monthly newsletter finds you all well, relaxed after the Obon holiday and pushing forth with your Global goals and objectives. In this months newsletter, I would like to share some potentially useful information for those of you who are now working towards possible expansion into the global marketplace, or looking for Global talent to help you move towards being a more Globally Minded company here in Japan.

Going Global: Finding and Keeping the Right Talent

Many companies are feeling the pressure to find “The Right Talent” as an increasing need for employees with the ability to support your global team, global strategy and potentially work overseas, continues to grow. Finding the key talent is the first challenge, yet retaining the talent is just as important. Workplace diversity, clear career paths, global opportunities and clear global strategy which is shared and communicated throughout the company, are all key attributes for employers to attract and retain the right talent.

One of the largest challenges in many Japanese companies going global right now is to find the right kind of candidates with a global mindset and the language skills to help grow the company internationally. The increasing demand for these candidates are far greater than the current supply.

Companies must live up to the expectations of candidates as a global company or at least show that steps are being taken towards a more global working environment. It is also important for the company’s corporate culture to be reflective of norms and standards that are seen as progressive and global.
Remember, finding the right talent and employees starts at home!
For more information or support on creating a more global working environment or finding the key talent, feel free to contact us at GDI Communication anytime.
All the best with your Global Goals!

GDI CEO / Founder
James Hedden

お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?
今月のニュースレターも、皆さまが掲げるグローバル目標達成の支えとなれれば幸いでございます。今回は、海外事業の拡大やグローバル人材を用いて企業のグローバル化を目指しておられる企業様へ役立つ情報をお届けして参ります。

グローバル企業:最適な人材の確保と保持

人材確保にプレッシャーを感じる企業様も多くいらっしゃると思いますが、社内のグローバルチームの支えとなり、海外戦略構築や海外赴任に対するサポートにも対応可能な「最適な人材」の需要は年々増加しています。そのような人材を保持していくことが重要となりますが、人材の確保自体が難しいのが現状です。「最適な人材」の確保・保持を実現するために経営者として必要になるのは、職場におけるダイバーシティ推進、明確なキャリアパスの構築、グローバルビジネスに挑戦できる環境づくり、そして海外戦略を会社規模で共有することです。

海外進出を目指す企業様の多くが苦戦するのが、企業のグローバルビジネスを支えられるグローバルマインドセットや言語能力が備わった人材を見つけることです。
需要が伸びる一方で適任者の数が不足しているのが現状です。

グローバルビジネスを展開する会社として、グローバルな職場環境の構築に対する社員からの期待に応えていくことや、積極的にグローバル化に取り組んでいく姿勢を見せることが重要となります。また、行動規範や社風にもグローバル要素を取り入れていくことが必要です。
「最適な人材」は必ず社内で見つかります。
本ニュースレターで述べた内容についての詳細や、企業のグローバル化及び最適な人材についての情報をお求めの方は、お気軽にGDIコミュニケーションズまでお問い合わせください。
皆様が掲げるグローバル目標を全力で応援いたします!

代表取締役/CEO
ジェームズ ヘデン

 

Global Support / Consulting l GPODの配属で、グローバル化の目標達成を可能に

Japan Needs to Utilize the International Workforce

日本が国際労働力を活用することの必要性


The need to recruit and employ people from the International Workforce is ever increasing at a rapid pace. Organizations that embrace this need and employ people of various nationalities and various skills and abilities are leading Japan’s economic growth and overseas expansion. Even the Japanese government has recognized this need and is starting to open its doors to workers from overseas. However, as Hiroshi Mikitani (the Chairman and CEO of Rakuten, Inc.), states in a recent article, Japan needs to do more than merely allow only “guest” status to non-Japanese workers and to develop a more open immigration system.

GDI Communications can’t agree more with Mikitani-san’s thoughts on the subject of immigration and the need for bringing more people to Japan to support Japan’s need for workers of all classes and skill levels. Internally we support this through hiring people from various countries, cultures and backgrounds. Externally, we support this need through our GPOD (Global People on Demand) Support program. Our GPOD Support Program does not only provide needed people for a shrinking workforce, but it also provides a different viewpoint within an organization and can help create a more open minded organization, which translates to a more Global organization. And as Mikitani-san states in his article, “Talented foreigners bring much needed energy” to an organization.

If you are presently considering hiring people from the International Workforce, but are unsure of how to recruit and manage them, come talk with GDI. Our GPOD program can be customized to your needs and may be the perfect solution that allows you to break through your present barriers and create a path to future growth and success.

国際労働力の人材を採用し雇用する必要性は急速に増加しています。このニーズを受け入れ、様々な国籍や多様なスキル、能力を持つ人材を雇用している組織というのは、日本の経済成長と海外展開をリードしています。
日本政府も、この必要性を認識しており、海外からの労働者への扉を開け始めています。
しかし、最近の記事では、三木谷浩史氏(楽天の代表取締役会長兼社長)曰く、日本は、外国人労働者に対して単なる「ゲスト」というステータスを認可しているだけであり、今後はよりオープンな移民制度を作っていく必要があるとのことです。

弊社では、三木谷氏の移民に対しての考えに大いに共感しており、日本により多くの外国人が来られ労働力として働く必要性について賛同しています。弊社内部では、様々な国、文化、背景の人々を雇ったり、
外部では、GPOD(Global People On Demand)サポートプログラムを通じてこのニーズをサポートしています。弊社のGPODサポートプログラムは、会社様に人員削減の為に必要な人材を提供するだけでなく、会社様の組織内で異なる視点を提供し、且つより風通しの良い組織を作るのに役立ちます。
三木谷氏は、この記事で、“才能のある外国人は、必要なエネルギーを組織にもたらします”と述べています。

もし、今の段階で、国際的な人材を採用することを検討しているが、人材募集、及びどう管理すべきか不明であれば、弊社までお問い合わせください。弊社のGPODプログラムは、お客様のニーズに合わせてカスタマイズすることができ、現在の障壁を打ち破り、将来の成長と成功の道を切り開く完璧なソリューションを提供できます。

 

Global Training l 身につくのはグローバルマインドとコミュニケーション能力

First impression

第一印象

Greetings and salutations from GDI Communications Training Division. It’s that time again, and keeping with the theme of “People”, our topic this time around will be on First Impressions. Let us first take a look at what the term “first impression” really means.

“First impression is a term applied to the initial impression we have of another person we meet for the first time. It contains positive and negative impressions and a sense of physical and psychological features.” – PSYCHOLOGY DICTIONARY professional reference
So, what does this actually mean for us. Basically, first impressions are what we think about people immediately after meeting them for the first time.

For example, “Mark’s first impression of his Japanese teacher was that she was smart and kind.” Keeping this in mind, how important do you think first impressions are? To quote Andrew Grant, “You never get a second chance to make a first impression.” This means we only get one shot at making a good first impression.

Making a positive first impression is very important in all aspects of our lives. Whether it is for work (meeting a potential customer) or for our private lives (meeting that special someone), first impressions really count. Many people believe that people will hold on to that initial first impression for a long time and are often very hard to change. So, if you make a positive impact that first time around others will have an optimistic image of you throughout your relationship together while on the other hand, a negative first impression can stay with you indefinitely.

While meeting people from other cultures first impressions count. Remember symbolically, you act as an ambassador of your country, so that initial first impression not only effects yourself, but can sometimes change the way other view your entire culture. So be careful, respectful and always try to leave a positive first impression.

弊社、研修チームからのご挨拶です。
今回もまた「人」をテーマにお話をしていきたいと思います。今回掘り下げていく内容は、「第一印象」です。まずは、「第一印象」の本来の意味がどのようなものかを調べていきましょう。
“第一印象の定義は、誰かに会った時の初めての印象を意味します。好意的なものと否定的なものを両方含み、身体的特徴と心理的特徴に対する感覚です。” – 参照:PSYCHOLOGY DICTIONARY
さて、これは私たちにとって、どんな意味となるのでしょうか。
基本的に、私たちが考える第一印象は初めて誰かに会ってすぐに彼らに対して抱くものであるといえます。例えば、「マークが彼の日本語講師に抱いた第一印象は、彼女は賢くて優しいというものだった。」これを考慮して頂くと、第一印象がどれだけ大切かお分かりいただけるでしょうか?
アンドリュー・グラン トの言葉を引用すれば、”第一印象に二度目のチャンスは無し” これは私たちが一度きりしか、良い第一印象を作ることができないことを意味しています。好意的な第一印象を作ることは、私たちの生活において様々な角度からとても大切なことであると言えます。
仕事の時でも(見込み顧客に会うとき)、私生活の時でも(誰か特別な人に会うとき)、第一印象に重きが置かれます。多くの人々が、「人はみな初めの第一印象を長く抱き続け、それを変えることは非常に難しい」と考えています。ということは、もし初めに好印象を与えることができたなら、周囲の人々はあなたとの関係を通して楽観的なイメージ持つでしょうし、その一方で否定的な第一印象はいつまでもあなたにつきまとうでしょう。

同時に、異文化の人々と接するときも第一印象が大切と言えます。特に言われているのは、あなたの国の大使として振る舞うことです。第一印象はあなた自身に影響するのではなく、時によってはあなたの文化そのものの見方を変えてしまうことがあるということです。だからこそ、常に敬意を持ち、良い第一印象を残せるように、お気を付けくださいね。

 

Global Study l 留学に必要なノウハウ、全てあります。

Canada’s seasons

カナダの季節

Dear Valued Customers, Clients and Friends of GDI,
This year in Japan, it has been extremely hot.
Temperatures soared to 39 or 40°C on more than one day in Nagoya and we had to be especially careful not to get a heat stroke.
This month, the GDI Global Study division will introduce the “seasons” in Canada.
There is a drastic change in temperature depending on the area since Canada is 45 times larger than Japan, but we will focus on Vancouver where some of our partner schools are.
April (March – May)
The air is still chilly throughout March, so you should prepare winter clothes.
In the end of March, temperatures are similar to Japan between February and the first week of March. We recommend wearing a coat, but you don’t need a down jacket like in the middle of winter. Heading further inland it becomes colder. In the mountainous areas falls a lot of snow, so you need to protect yourself against cold weather. Flowers can be seen around Vancouver in April and its also the best time to watch cherry blossoms.
When it turns to May, the weather becomes comfortable enough to do sightseeing. You can wear casual clothing during the day, but because it is chilly in the mornings and at night, outerwear or a jacket will be needed.

Summer (June – August)
In daytime, it’s sometimes around 30°C, but it’s not humid, so you can spend a refreshing day outside. It is the best season for sightseeing or activities because it’s usually very sunny and there is no rainy season in Canada. Also, since it’s summer time, there is still daylight even after 9 o’clock in the evening.

Autumn (September – November)
In Canada including Vancouver autumn season is very short, hence some people consider November as the beginning of winter.
It rains a lot in the middle of October, sometimes temperatures fall below 10°C, so you should bring a jacket. On occasion, there are some warm days called “Indian summer”.
In November, depending on the place, rain gear like a rain coat or rain shoes and warm clothes are needed.

Winter (December-February)
Winter in Vancouver lasts longer compared to Japan, but temperatures are about the same as in Tokyo. Therefore, please make sure you will protect yourself against the cold weather and wear thick coats, pullovers, scarves and gloves. Because it is warm inside the buildings, it’s better to choose clothes that you can adjust to the temperature easily.
Winter is quite rainy in Vancouver, so we recommend bringing rain gear or a folding umbrella.

We hold orientations for students and their parents before going to Canada and explain all information like above. Giving detailed information about Canada puts our students’ minds at ease and we receive great feedback from them.

If you have any questions about Canada or anything in relation to studying abroad, please feel free to contact us.
Also, if you have any requests regarding our newsletter, please let us know.
gs@gdicommunications.com

親愛なるお客さま、学生の皆さま、こんにちは!
日本はこの夏、猛暑日が続き、名古屋では連日39度や40度が続きましたね。
今年は特に熱中症対策を意識する夏となりました。
さて、今月GDI留学部門からは、カナダの季節についてお伝え致します。
日本の約45倍の国土を有するカナダは、広大で地域によって気候が異なりますが、
GDI留学先であるバンクーバーにも焦点を当てました。
春(3-5月):
3月は全体的に冬物の衣類を用意してからの旅行になるほど、まだ寒さを感じます。3月末頃で東京・大阪の2月-3月初旬くらいの気温の日が多いです。コートがある方がいいですが、真冬のダウンジャケットは必要ないでしょう。内陸に入ると気温は低く、山岳地帯では雪が多く完全フル装備の防寒対策が必要です。
バンクーバーは4月に入るとあちこちで花が咲き、桜も見ごろを迎えます。
5月になれば昼間は軽装で観光ができるほどの陽気になりますが、朝晩の冷え込みが激しいので、
アウターやジャケットが必要です。

夏(6-8月):
日中は30度近くになることもありますが、湿気がないので爽やかに過ごせます。
バンクーバーの6月は日本のように梅雨がなく晴れの日が続くので、観光のベストシーズンといえます。サマータイム(夏時間)の時期なので、太陽が出ている時間が長く夜も9時を過ぎてもまだ明るいため、観光やアクティビティ等をたくさん楽しめます。

秋(9-11月):
バンクーバーをはじめカナダの秋は2ヶ月ほどと短く、11月からを冬とみなす人もいます。10月中旬頃からは雨の日が多く、気温も10度以下になることがあるので、ジャケットをお持ちください。時には、インディアン・サマーと呼ばれる、暖かい日もありますが、11月からは、場所により暖かい服と合わせてレインコートや折り畳み傘といった雨具の準備が必要です。

冬(12-2月):
バンクーバーの冬は日本と比べるとやや長めになりますが、気温はそれほど東京と変わりありません。
厚手のコートをベースに服装を準備してセーターやマフラー、手袋といった防寒対策をしっかり行いましょう。
室内は暖かいので温度調節できる服装が良いでしょう。
バンクーバーは雨季のため雨の日が多く、折り畳み傘など雨具があると便利でしょう。

このような現地情報は出発前に「GDI出発前オリエンテーション」という時間を設けて、生徒様、また生徒様の親御様にご説明させて頂いております。事前に現地の情報をお伝えすることで、不安を払拭できると大変好評をいただいております。

カナダに関すること、また留学に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
また、ニュースレターでこんな情報を提供してほしい等のご希望も承ります。
gs@gdicommunications.com

 

New staff l 新入社員を紹介します。

Hello everyone, nice to meet you! 

こんにちは、初めまして!

My name is Toshifumi Watanabe. As of August 1st, I am a new member of GDI Communications’ Sales Team at the head office in Nagoya. In the past, I have worked as a bartender in various places around the world, such as Maldives, Canada, Australia, the UK and of course Japan.

I appreciate very much the opportunity GDI has given me to work with the GDI Team and I am looking forward to many new challenges with this position and in Nagoya.

It would be fantastic if my work and travel experiences can be applied to better support GDI and especially our clients. As the new rookie, I will put all my effort to making this opportunity a success.

8月1日から名古屋本社に営業として入りました、渡辺俊文と申します。これまで日本、モルディブ、カナダ、オーストラリア、イギリスと世界各地のホテルやバーで働いて参りました。

この7月から名古屋に定住し新たな挑戦を探していた中で、GDIとご縁があったことを大変嬉しく思い、チャンスをくださったことに感謝しております。

これまでの国際就労経験や、ホスピタリティ業界で培った日本人ならではのおもてなし、25ヵ国50都市以上を訪れた旅好きならではの行動力を生かして、皆様のお力に1日でも早くなれるよう、精進して参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|*

Our mailing address is:
*|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

Want to change how you receive these emails?
You can update your preferences or unsubscribe from this list.

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*