GDI Communications – Bi-Monthly Newsletter – June 2018

GDI Bi-Monthly Newsletter

2018

・・GDIは世界へ飛び立つ企業様への全面的サポートを致します。・・

 

GDI DIVISIONAL NEWS


    1. GPODs News    グローバルマインドを持つ人材育成及び弊社のGPOD をご紹介します

    2. Training News      Small talk(世間話)でコミュニケーションを円滑にする方法とは?

    3. Global Study News    赴任前に準備するポイント3つをご紹介します


Dear Valued Customers, Clients and Friends of GDI

親愛なるお客さま、友人の方々、そしてGDIスタッフのみなさまへ


Greetings all. I hope this month’s newsletter finds you all well and pushing forth towards your Global Goals. If you are still considering the idea of moving beyond your current markets, if you are still on the fence and somewhat apprehensive about taking the leap to unknown territories to expand your business, this month’s greeting may be of some use when considering Global Business.

Doing business around the world can seem a long way from doing business in your hometown or home country. But each year countless numbers of small businesses are making the leap to do just that. Like most long journeys, going global can be boiled down to a series of steps. Here are the six basic steps to going global.

1. Create a Business Plan
Start your campaign to grow by evaluating your needs, setting your goals and creating a clear and concise international business plan. It’s essential to assess your readiness and commitment to grow internationally before you get started.

2. Market Research
Conduct foreign market research and identify international markets of interest. JETRO is a great source of information for companies thinking of expanding abroad.

3. Product Distribution
Evaluate and select methods of distributing your product abroad. You can choose from a variety of means for distributing your product, from opening company-owned foreign subsidiaries to working with agents, representatives and distributors and setting up joint ventures.

4. Product Pricing
Learn how to set prices relative to the local market and similar products, negotiate deals and learn how to navigate the legal morass of exporting.

5. Do Your Homework and Learn the Local Culture
Many companies make the mistake of just jumping into a new country or market without taking the needed time to learn and adjust to the culture. This of course means business culture and social culture. Take the time to learn the local etiquettes, language and more to reach your success.

6. Make Sure to Have a Great Global Team
Whether developing your Global Team in Japan or hiring locally in new markets and countries, be sure to find the right people for the position. These people will be the key players, who represent your company and brand and assist you in achieving your Global Objectives. Great People are the Key to Success!

I hope you find these 6 tips to Going Global useful and look forward to your success on the International stage!

Have a great start to the summer months, and remember…

Now is the Time!

GDI CEO
R. James Hedden

皆さま、こんにちは。今月のニュースレターの時期となり、皆さまグローバルな成功に向けて邁進していることと思います。もし現市場でどう前進していいか思い悩んでいる方や、あるいはビジネス拡大に向けて、未知の世界に踏み込むことを躊躇している方がいるのであれば、今月のニュースレターのGreetingはグローバルビジネスを考える上で役に立つかもしれません。グローバルにビジネスを行うということは、自身の国、あるいは都市から遠く離れたことのように見えるでしょう。しかし、毎年数えきれないほどの中小企業が世界へと躍進しています。長旅をするように、グローバル化は幾つかのステップにまとめることができます。以下はグローバル化に向けた6つのステップです。

1.ビジネス計画を立てる
自社のニーズを判断し、目標を立て、明確かつ簡潔なグローバルビジネス計画を作成することで、企業の成長活動を開始します。

2.市場調査
海外市場の調査を行い、国際市場における関心を特定します。JETRO(日本貿易振興機構)は海外進出を考えている企業にとって、良い情報源になります。

3.商品の流通
海外における自社商品の流通方法を調査、選定します。自社の海外子会社の開設、代理店などとの共同事業、合弁事業の設立など、商品を流通させる手段は様々です。

4.商品の値段設定
現地市場や似たような商品を調査し、値段設定をします。取引交渉をし、輸出に関する法的問題をどう乗り越えるか学びましょう。

5.課題に取り組み、現地文化を学ぶ
多くの企業は、下調べに時間を割いたり文化に順応することなく、新市場にただ飛び込むだけで失敗をしてしまいます。これはもちろん、ビジネスにおける文化だけではなく、社会における文化も含まれます。ビジネス成功のためにも、現地のエチケットや言語、あるいはそれ以上のことについて、時間をかけて学びましょう。

6.素晴らしいグローバルチームを結成する
日本国内でグローバルチームを作るのか、それとも現地市場で雇用するのか、どちらであっても適正な人材を見つけましょう。これらの人材は、会社を代表し、グローバルな成功を達成するために会社のブランディング化やサポートをするキーパーソンとなります。成功に優秀な人材は欠かせません!

この6つのヒントがグローバル化の役に立ち、皆さんがグローバル社会で成功することをお祈りいたします!

この初夏の季節を楽しむとともに、いつでもこの言葉は覚えておいてください。

「Now is the Time!」

代表取締役/CEO
R. James Hedden

 

Global Support / Consulting

GPODの配属で、グローバル化の目標達成を可能に

The Value of a Global Mindset

グローバルマインドセットの価値


In this newsletter’s greeting, GDI Communications’ CEO mentioned 6 main steps to going global. However, he noted that the most important one is people. As he states, “People are the Key to Global Success” because global connections are what bring about this success and people make these connections – people with a Global Mindset. To gain a deeper insight into the Global Mindset and what is required, watch this presentation by Mansour Javidan Ph.D., from the Najafi Global Mindset Institute at Thunderbird School of Business, where he talks about the various areas that make up the Global Mindset. If you are planning on Going Global and are looking at developing a Global Team for this purpose, make sure your people have a Global Mindset first. From this starting point success is possible. But without the Global Mindset, success is much more difficult, if not impossible.

GDI Communications’ Global People on Demand (GPOD) Program has been designed to support small to medium sized enterprises (SMEs) with their staffing needs, especially when the need requires staff that meet certain global qualities. Our GPODs can provide support from language training to global strategy development, but most importantly they can support the development of a Global Mindset within an organization. So, if you are considering expanding into new global markets or just developing a more Global Mindset within your organization, our GPODs, together with GDI Communications’ many years of experience, is the perfect choice to support your global initiatives.

本ニュースレターの冒頭挨拶で弊社代表が次のように述べております。「グローバル化を実現するためには6つのステップがあり、その中でもキーとなるのはです。」
「人はグローバルな成功への架け橋となる存在」、なぜなら、グローバル化の実現に繋がる国際社会での関係構築は、グローバルマインドを持つ人材があってこそ成り立つものだからです。グローバルマインドセットについての詳細や、取得するのに何が必要なのかを知りたい方は、グローバルマインドセットの第一人者である、マンスール・ジャビダン氏 (サンダーバード国際経営大学院 名誉教授)のプレゼンテーションを是非ご覧ください。グローバルマインドを持つ人材の育成方法を様々な観点から挙げています。ここで、改めて述べさせていただきます。グローバル化の実現や、グローバルチームの開発を考える前に必ず必要となるのは、グローバルマインドを持つ人材の育成です。これをすることにより、初めて成功に近づくことができますが、グローバルマインドセット無しでは、成功への道は険しいものになってしまいます。弊社が提供するGlobal People on Demand (GPOD)は、中小企業が求めるグローバル人材のニーズにお応えするように開発されたプログラムです。弊社のGPODスタッフは、言語研修から海外戦略の開発まで、様々なサービスの提供に加え、組織内のグローバルマインドセット構築にも全力でサポートさせていただきます。
もし、海外進出を考えている企業様や、グローバルマインドを持つ人材育成を考えている企業様がいらっしゃいましたら、是非、弊社GPODsにサポートさせてください。皆様のご希望に全力でお応えしていきます。

 

 

Global Training

身につくのはグローバルマインドとコミュニケーション能力

How to … make interesting Small Talk

どのように… 面白いSmall Talk(世間話)をするか

Greetings from the GDI Training Division!

We hope, you are all doing well and enjoying the sunny weather now that rainy season is almost over. Now is also the time for BBQs and other outdoor events, with family, colleagues and clients. What better opportunity could we ask for to socialize and build new relationships? Still, many of us dread situations where we have to engage in small talk with people we don’t know. We fear running out of topics too quickly and most of all, we don’t want to be thought of as boring.

In a past Newsletter, we spoke about the importance of small talk and how to focus on the person we are speaking with. So, today let’s have a look at what we can do to insure we are having an interesting conversation about topics beyond the weather and weekend plans:

Ask open-ended questions
Always try to ask open-ended questions (What? Why? How…?)! They offer more possibilities to deepen the conversation and also give us the chance to ask more interesting follow-up questions.

For example:
● “Where are you from? … What is your hometown like? / How is your hometown different from…(Nagoya)?”

Focus on your conversation partner and see if he/she seems interested in the topic by listening actively and keeping an eye out for nonverbal cues.

Expand your own knowledge & be curious
Asking more in-depth questions and ones that are beyond the standard topics also means that you are probably going to ask more specific questions about your partner’s life and their individual experiences. Remember to share information about yourself as you do, because you do not want the conversation to seem like an interrogation. Lastly, ask about what they think or how they feel as being asked about our opinions or for our advice, makes us feel valued and that our opinions matter.

For example:
● “You seem to know a lot about____. What do you think I should do about….?”
● “You have lived in/You live in____, right? What would you recommend to (do / see / eat / …)?”

Listen attentively and be genuinely interested. Try to expand your own knowledge through the conversation. If you don’t know much about something your opposite just mentioned, this is the perfect opportunity to fill in those gaps!

We hope, these tips help you enjoy socializing more and to make your small talk more interesting both for your conversation partner and for yourself.

GDI 研修チームからご挨拶です。

梅雨の時期が終わりに差し掛かっていますが、皆さまお変わりなくお元気で、この晴れやかな天気を楽しんでいることと思います。この時期は、家族や会社の同僚、クライアント様と一緒に、BBQやアウトドアに出かけることが多いことでしょう。そんな中、新しく知り合った人たちと会話を始めるには、どうやってきっかけを作ったら良いでしょうか。私たちの多くは、大抵会ったばかりの良く知らない人とSmall talk(世間話)する状況にあまり慣れていません。会話の途中で共通の話題に尽き、沈黙になると困ってしまいます。

過去のニュースレターでは、Small talk(世間話)の大切さや、どのようにしたら人と上手くコミュニケーションを図れるかに焦点を当てました。今回のニュースレターでは、天候や週末計画のトピックを越えた、一歩先の交流に焦点を当ててみましょう。

相手への質問は、Yes, Noだけの答えにならないように
質問は、相手が理由など答えられるような形にしましょう(何?なぜ?どのように…?)理由は、会話をより深めることにより、相手からもその回答にまつわる更なる話題や質問へと発展していきます。

例えば:
● “出身はどちらですか?…あなたの故郷は、どのような街ですか?/ あなたの故郷は(名古屋)と比べて、どのように違いますか?”

会話は、相手の話題に焦点を当てて、積極的に耳を傾けて、相手が会話に興味を示しているかを動作や表情から読み取ってみましょう。

あなた自身の知識を広げる&好奇心を持つこと
話を深堀するということは、相手の生活や経験などについてより具体的なことを聞くということです。ただ、一方的に尋ねると相手にとってはただの尋問みたいになってしまうので、自分の情報を共有することを忘れないでください。最後に、相手から意見やアドバイスについて聞かれ、どう感じ捉えているのかを尋ねてください。

例えば:
● “あなたは、__についてたくさんのことを知っているようですね。__に関して、私はどうすべきだと思いますか?”
● “__に住んでいましたよね?何か(すること/ みること/ 食べること)お薦めはありますか?”

注意深く聞き、その話題に興味を持ちましょう。会話を通じて、あなたの知識を広げてみてください。上記のように、自分が知らないことに関しては、相手にその旨伝えることで、会話のギャップを埋めるという絶好の機会になります。

上記のヒントは、相手と自分の双方にとって、Small Talk(世間話)を楽しむのに役立つ価値のあるものになるでしょう。

 

Global Study

留学に必要なノウハウ、全てあります。

What preparation is needed before going overseas?

留学赴任前に必要な準備とは?

Dear GDI Clients and Students,
Although it is still June, it is unusually hot this year. During the hot season our Global Study Division is receiving many applications for the summer program in July and August.

Also, our students, who will be sent abroad by their companies and who used our overseas study program as preparation for their new workplace are going to come back from Canada on July 1st. This month, we looked at the feedback from around 20 of our students who returned from Canada. Based on their feedback, we will introduce the preparatory steps and things to do before going abroad.

So, what kind of preparation is necessary before departing for overseas?

Preparatory Steps

Getting many Opportunities to Talk with Native Speakers
Actually, it is hard to communicate with native speakers and it needs courage even though we choose to be in an only English-speaking environment. Especially, many of us Japanese avoid speaking because we fear making mistakes.
≫ Practice while you are still in Japan so you can get used to communicating in a foreign country.

Finding Things of Interest
It might be a bit difficult to find a new hobby or things you like while working, but you will have more opportunities to talk with native speakers if you join some communities or activities after school. Taking up a new hobby or activity is a great way to interact and actively communicate with people in your circle or community.
≫ We also recommend joining volunteer activities if you can’t find any hobbies.

Prepare to Talk about Yourself and Your Country
Abroad you will also meet many people from other countries and they will probably ask about you as well as Japan, which is a good chance to get to know each other. Furthermore, you can prepare and train to talk about yourself and your culture in English which helps you to actively pursue new friendships.These are our students’ and our recommendations before going abroad.We also got a lot of feedback that many students say they should have studied more English before departing. For this, we offer a special pre-departure training. This training consists not only of studying English, we also teach skills that are needed for interaction in a foreign country like inter cultural understanding and being able to quickly respond in English.

Please feel free to contact us at your convenience: inquiry@gdicommunications.com

Also, if you want to know more details about the Canada trainee training, please ask us anytime.

親愛なるお客さま、学生の皆さま、こんにちは!

6月にもかかわらず、比較的暑い日が続きましたね。 留学部門では、この時期になると7月、8月に向けたサマープログラム参加のお申し込みが増える時期です。 また、企業様プログラムの一環で、海外赴任前研修として、2か月間カナダに短期留学に行かれた生徒様が7月1日帰国されます。 今月は、赴任前カナダ研修から帰国された方々20名様のフィードバックを参考に、赴任前に準備することについてまとめました。

2か月間の海外赴任前研修を充実したものにするためには、一体どのような準備が必要なのでしょうか。

研修前(渡航前)に準備すること
●研修前に英語を話せる外国籍の方とたくさん話す機会を設ける
実際にカナダに行き、英語が話せる環境を整えても、ネイティブと話すには勇気はいるもの。特に日本人である私たちは、文法等を気にして敬遠しがち。
≫ 日本で話す準備をしておけば、現地でもすぐになじむことができるでしょう。
●自分の興味ある事を見つける
仕事をしながら好きなことを見つけるのは、少し難しいことかもしれませんが、学校以外のコミュニティに参加することで、より現地の人と触れる機会が増えます。趣味を通して、現地のサークルやコミュニティに参加し、積極的に交流をされていました。
≫ 現地ですぐ見つけるのは難しい場合は、ボランティア等の活動に参加されるのもお勧めです。
●自分について、また日本について話せる準備をしておく
現地ではいろんな国籍の方がおり、日本について興味を持っている人が質問をしてくれた時に、答えられるとその人との距離がぐっと縮まります。また、自身について興味を持ってくれる際には、自分の事を英語で伝えられるよう準備をしておくと、友達作りも積極的にできます。以上が現地に行く前に準備しておくお薦めですが、特にフィードバックとして多かったのが、「行く前から英語をもっと勉強しておけばよかった。」という感想です。そんな声にお応えして、弊社では赴任前研修、「出発前トレーニング」を実施しております。英語を勉強するだけでなく、異文化理解や、また瞬発的に英語で答えるトレーニング等、現地で必要なスキルに即したトレーニングを盛り込んでおります。ご興味のある方は以下お気軽にご連絡くださいませ。inquiry@gdicommunications.comまた、カナダ研修の詳細についてもっと具体的にお問い合わせ頂くことも可能ですので、いつでもご連絡ください。