GDI Communications – Bi-Monthly Newsletter – October 2017

Dear Valued Customers, Clients, Friends and GDI Members

Now that we are closing in on November, only a couple of months remain until the end of this year. Many of you have probably gone through the official change from summer to winter clothing. And as you may know, autumn is one of the richest seasons for food in Japan! I hope you are able to enjoy some of the seasonal delicacies in your local area.

With only two months until the end of the year, I would like to share with you an important theme this month, which I hope is useful for you and your company.

“Focus”

How much have you done to reach or satisfy your goals and objectives set at the beginning of the year? If you find yourself struggling to reach these targets, you may need to reset, rethink, readjust, and “FOCUS,” enabling you to move a little closer to achieving your plans.One very simple piece of advice, which we all often fail to do, is to take the necessary action when thoughts come. Deciding to do something later often results in procrastination and/or lack of action. This is why we at GDI Communications stand by our belief that “Now Is The Time!!!” We strongly believe that when goals are set, you need to “FOCUS” and keep moving forward.

All of us at GDI Communications hope you can continue to “FOCUS” on your achievements and goals. As the weather turns, we hope you stay happy, healthy and warm and enjoy the oncoming seasons.

親愛なるお客さま、友人の方々、そしてGDIスタッフのみなさまへ

10月も残りわずかとなりました。やっと衣替えが完了した人も多いのではないでしょうか。そして、秋の味覚はしっかりと堪能していますか。あと2ヶ月で今年が終わるなんて早すぎる!と感じる方は多いのではないでしょうか。

今月のテーマは「Focus(フォーカス)」です。

みなさまは、今年の1月に立てた目標をどれだけ達成(Focus)できましたか。もし、まだ思う結果が出ていない、時間の流れと共に目標の立て直しが必要など、軌道修正もあるかもしれません。大事なことは、思い立ったらいつでもスタートが切れるという事です。GDIは「Now is The Time!」という言葉をキャッチフレーズにし、目標を立てたら、Focus し、立ち向かっていくエネルギーをみなさまと共有していきたいと思います。

年末には、達成感、満足感、自信など、ポジティブな言葉がいっぱいでありますように。寒くなりますが、身も心も温かくし、元気に過ごしてください。

GPOD & Consulting Division

Making the Shift to a More Global Company

Welcome back to the GDI Communications Newsletter. The end of 2017 is approaching rapidly and it is time to reflect on our successes and failures, as well as to start planning for future growth and expansion in 2018. With the recent development of the GPOD (Global People on Demand) Division and the inclusion of IT Support Services in the Chubu area, 2018 is already shaping up to be a year in which GDI Communications moves forward in leaps and bounds.Just last month, in October, we placed our first two full-time GPODs, Domestic and Overseas, with one of our clients. The Domestic GPOD will be supporting internal language and business skills training, as well as working to provide a more global environment via various events and activities, and direct interactions throughout the year. The Overseas GPOD will be working in conjunction with our Global Consultancy division and will continue to focus on providing support for our clients’ overseas team and expansion efforts.

We are extremely excited about this opportunity and see a great future for our clients who make the decision to place full-time GPODs in their organizations. It is also an exciting time for GDI Communications as we move forward with the GPOD program. As the world changes and Japan is required to compete on a more global playing field, the ability to work with various people, cultures and thought processes will become essential for success. With that said, at the moment, this is still a hurdle and challenge for many Japanese organizations to overcome. This is where GDI can be of assistance.

In an article published in The Japan Times titled “Someone Needs to Light a Fire Under Japan”, Danny Risberg, chairman of both the European Business Council in Japan and of Philips Electronics Japan Ltd., says “Japan is a great place with great people and great technology. It’s right. It’s ready to explode. But it hasn’t got there yet.” The article concludes that Japan needs to reform its business model. GDI Communications believes that our GPOD Support Service is one area where we can help Japanese organizations make major changes, which in turn can create value to move these organizations forward.

更なるグローバル化を目指している企業さまへ

前回発行より早2ヶ月経ち、GDIニュースレター発行の月となりました。2017年の年末も間近になり、今年の成功や失敗を振り返ると共に、来年度2018年の会社成長や事業拡大を計画し始められているのではないでしょうか。GDI は今年コンサルティング事業部より開始した新しいサービスであるGPOD=ジーポッド(Global Person on Demand :グローバル人材サポート)と、中部地区のITサポートサービスの発展に伴い、2018年は飛躍的に拡大していく1年となるでしょう。

今月(10月)にお客様の要望によりGDIでは初めて、正社員雇用でGPODsメンバー2名(イギリス国籍とフィリピン国籍)を採用しました。彼らのうち一人は国内向けとし、GDIのお客様先で、社内での言語サポート及びビジネススキルの向上を目指した研修の支援を行っています。そして1年を通して様々なイベントや活動、スタッフとの直接的なコミュニケーションにより、更にグローバルな環境を提供致します。もう一人のスタッフは、海外向けGPODとして、グローバルコンサルタントと共に働き、海外チームの顧客サポート及び事業拡大に焦点を置いています。

私達はこの機会にとても期待を寄せ、お客様先で活躍できるよう正社員雇用GPODsを採用することに決めました。GPODがお客様のニーズに対応できるようなプログラムを準備していくことは、GDIにとって刺激的かつ挑戦的なことです。世界はめまぐるしく変化し、グローバル化により日本がよりグローバルな分野で競うことを必要としています。多様な人種、文化や思想を持った人々と一緒に働く能力や、そのプロセスというのは成功において必要不可欠でしょう。現在多くの日本企業においてグローバルな環境下で働くということが困難であったり、大変な挑戦であったりします。この分野において、私達GDIがお手伝いさせていただきます。

ジャパンタイムが発行した記事、『誰かが日本を照らす必要がある』では、 駐日欧州商工会議所と株式会社フィリップス・ジャパンの代表ダニー・リスバーグによると、「日本は素晴らしく高い技術力を持っている、素晴らしい人々がいる、晴らしい場所である。その通りであり、それを世界に発信する準備は整っている。しかし、未だそれが出来ずにいます」。この記事の結論というのは、日本はビジネスモデルを軌道に戻す必要があるということです。GDIが行うGPODサポートサービスが日本の企業を支援し、且つ現状に対し大きな挑戦をするということを願っています。その挑戦とは、このサービスを通し、組織が拡大するために社員が付加価値を付けられるかどうかということです。

Training & Seminars Division

MOTIVATIONAL QUOTE

Excellence is the gradual result of always striving to do better. 

 Pat Riley, former head coach, LA Lakers, 5-time NBA champion
Colorful leaves crunch under your feet. Windows stay open all day. Longer walks at lunchtime. Autumn is finally here. Whether you sweated it out amid 35C morning commutes or sought refuge from the summer heat in air-conditioned cafes, you found a way to make the best of the summer months, you`re happy for the crisp mornings and being able to wear your favorite jacket.
Key to success: Motivation
This season is typically back-to-school time, but for globally-minded foreign language students it`s the last three months of a year that included full business and personal schedules. At this point you may have hit a plateau, or perhaps your motivation is dropping like a leaf from a tree. It`s okay – help is on the way! Grab some warm tea, sit under the kotatsu and check out the tips we`ve outlined below. Stick to these and give yourself the boost you need to hit your study goals and move into the new year on an upswing.
  1. Stay committed
Long-term benefits come from long-term commitment. So, while your foreign language skills may not skyrocket overnight, they will continue to improve as long as you stay committed to your studies. The first step in this plan is keep your eye on the end goal while taking small steps. Just fifteen minutes between weekly lessons equals an extra hour of practice every month. Do that for a year and you`ll level up.
  1. Check the list, or make one!
Next, think back to earlier this year. What were your language study goals? Did you write them down and if so, is the list close by? If you don`t have a list of your goals, it takes only five minutes to make one; so do it right away, and carry it with you all the time. Keep it handy for the following tips.
  1. Reinforcement
Hands-down one of the most important motivators for success is positive reinforcement. But constructive criticism can be helpful too. In addition to focusing on long-term goals and creating your language learning checklist, take note of the areas where you made solid gains, congratulate yourself and celebrate! You`re training your brain to communicate in a foreign language and that deserves praise. Now, where do you see areas of neglect? It`s okay to focus some attention here too, and ask yourself, “Have I done my best in these areas?” If the answer is no, you are neither failing nor a bad student. In fact, you just scored success points because the areas that need more study are now your focus areas. Maybe it`s more free conversation practice, or grammar points. Feel free to occasionally have fun with study areas that are more interesting, but use 70% of your time focusing on making weak areas stronger.
  1. Prioritize
Now it`s time to make notes next to those `focus areas.` Which ones can be completed fastest, or need to be completed before you can move on? Once you`ve prioritized your focus areas, you have a plan. Then hit these key areas during your next study session.
  1. Say “No” a little more
Before, we mentioned that just fifteen extra minutes of study a week adds up to greater foreign language success. But do you have the time? The answer is YES. You do. The final key point is to understand that time is always there, but you may be using it for activities that don`t help you to become a more successful foreign language speaker. Examples include gaming apps, social media, and TV. Now, don`t think you must throw your Xbox out the window, but put it aside a little earlier tonight. Or maybe open your language app on the train during your commute, or make five small flash cards of challenging vocabulary for quick access and review. These are just a few ways, but you know your lifestyle the best, and you know where fifteen minutes can be used for study.
  1. It`s go time

So that`s it, the grand scheme. It`s so simple, right? Yes, it is. Little by little, every day. Get going; do not wait. Now is the time!

Click the link below to select from a playlist of inspiring videos brought to you by TED on the topic of Motivation

****And there is much more to come in future issues of the GDI Newsletter ****

今月の格言
Excellence is the gradual result of always striving to do better.” 
 Pat Riley, former head coach, LA Lakers, 5-time NBA champion
『優秀さは、常によりうまくやるよう努める段階的な結果です』
-パット・ライリー
ロサンゼルス・レイカーズ前ヘッドコーチ、NBAチャンピオン歴5回
そろそろ色とりどりに紅葉した葉が足元を吹き通り、窓を一日中あけておいても心地よい気温になってきました。日中の散歩もよりいっそう長く歩いていたいような季節。そう、秋の訪れです。朝、気温35度の中を通勤して汗だくになっていた方もいれば、エアコンの効いたカフェで過ごしていた方、夏の数か月を最高に楽しく過ごしていた方もいらっしゃるかと思いますが、少し肌寒い朝にお気に入りのジャケットを着て出かけられるようになり、皆嬉しく思っているのではないでしょうか。
成功への鍵 モチベーション
この季節は一般的には学校が始まる時期ですが、グローバルマインドを持ち、外国語習得に励む者にとっては、仕事とプライベートに勤しむ年末までのラスト3か月でもあります。この時期になると、モチベーションも枯れ葉のように落ちていることもあるかもしれませんが、大丈夫です!あたたかい紅茶でも入れて、こたつに座り、下記の内容を読んでみて下さい。これらのポイントを実践すれば、モチベーションが上がること間違いなしです。目標達成に必要となる力をつけて、良い新年のスタートを切っていきましょう。1.目標をかかげ続けましょう
長い時間をかけて結果を出すためには、そのための長期目標が必要です。一晩で外国語能力がロケットのように急上昇することはありませんが、学習に励んでいる間は、継続して上達していくでしょう。この計画の第一ステップは、小さなステップを一歩ずつ踏みながら、最終目標にしっかりと目を据えておくことです。例えばウィークリーレッスンの合間に1日15分でも学習すれば、毎月の学習時間を1時間余分に学習したことに相当します。2.チェックリストを確認しましょう、なければ作りましょう
次に、今年上旬を振り返ってみましょう。皆さんの語学目標は何でしたか?それを書き残していますか?もしあれば、そのリストを手に取ってみましょう。もし、目標達成リストがなければ、作るのに5分もかかりません。今すぐにでも作って、肌身離さず持っておき、次のステップに繋げるようにしましょう。3.自分自身をポジティブに評価してみましょう
成功への最も大事な力は自分自身を評価してあげることです。しかし、積極的な批判も時には役に立ちます。長期的プランに集中し、語学チェックリストをつくることに加え、確実に自分のものにできた箇所のメモを取り、自分自身におめでとうと言って、それを祝うことです!外国語で意思疎通を図れるように自分の脳を鍛えることは、褒めたたえることに値するはずです。では、語学のどこの分野で自分は頑張れていないか見えてきましたでしょうか?この分野にも注意をはらって、自分自身に「この分野で自分はベストを尽くせていますか?」と問いかけてみても良いですよね。もしも、その答えがノーだとしても、学習者として劣っているわけではありませんよ。実は、なんと成功へのポイント数が上がったところです。なぜなら、さらに努力しなければならない分野こそが、あなたが今目を向けている苦手分野だからです。それはフリースタイルでの対話練習かもしれませんし、文法事項かもしれません。気軽に自分が興味をそそられる分野で楽しむことも時には良いですが、学習時間の70%は弱点を強みに変えていくことに費やしましょう。4.優先順位をつけましょう
それでは、あなたが「苦手分野」として定めた分野のとなりにメモしていきましょう。やるべきことの中でどれが最も早く達成できる、または、次のステップを踏むために達成しなければならないものでしょうか?一度苦手分野の中で優先順位をつければ、計画を立てることができますね。次に学習する際には、苦手克服に重要なカギを握るその分野に、狙いを定めていきましょう。5.もう少し「ノー」と言ってみましょう
先ほど、1日15分だけでも余分に勉強時間を設けるだけで言語習得達成に大きく近づくことができると話しましたが、時間的余裕はありますか?答えは「イエス」です。時間は作ろうと思えば作れるはずです。最後のキーポイントは、時間はあっても、外国語スピーカーになるための行動ではなく、それ以外のものに時間を費やしているかもしれない、ということです。それは例えば、ゲームアプリやソーシャルメディア、テレビの時間などなど。持っているゲーム機を窓から放り出す、なんてことまでしなくてもよいですが、今晩くらいは早めにしまいましょう。通勤中の電車で語学アプリを使う、または少し難しめの単語を書いた暗記カードを5つほど作って、簡単に復習できるようにしましょう。これらはほんの一例ですが、自分自身のライフスタイルは自分自身が一番分かっているはずです。そしてあなたはどこでその15分を作るのが一番か、もうわかっていますよね。6.さあ、始めましょう
大きな計画は以上です。すごく簡単ですよね。毎日、少しずつでも学習することが大切なのです。今すぐにでも実践してみてください。Now is the time!です。TED”で放送された「モチベーション」を紹介いたします。ぜひご覧ください。
****And there is much more to come in future issues of the GDI Newsletter ***

Global Study Division

Dear Valued Customers and Students, 

It is already the end of October and the weather is quite chilly. Autumn is very short and it’s going to get even colder, so wearing many layers of clothing might be a good strategy to adjust to different temperatures.

This month, from the Global Study Division, we would like to provide some information to high-school students who are considering studying abroad. Do you know the “External English Examination for University Entrance”?

In recent years, an increasing number of universities have used the External English Examination for University Entrance as their entrance examination. The examination measures the “4 Skillsets of Practical English Proficiency” (reading, writing, listening, speaking), like IELTS, TOEFL and Eiken do. Many high-ranking national and famous private universities, such as Tokyo University and Waseda University, already use this method. So, it’s likely that the number of institutions using the External English Examination for University Entrance will increase in the future. This change has been accompanied by rising tourist numbers in Japan and the globalization of society, which leads to more contact with foreigners both inside and outside of Japan.

In order to foster English skills that respond to the demands of a global society, universities continue to reorganize their education programs by introducing study-abroad programs and “all-English” classes. Furthermore, the entrance examination can be used for evaluating whether students’ basic English skills are sufficient to undertake higher education.

Of course, studying abroad will not only offer you a wider choice of universities to enter. Being young is a big advantage, so making use of this and experiencing different cultures allows you to absorb a lot of information and broadens your horizons, as well as your options for the future.

We are now supporting a lot of high-school students with their “study-abroad programs.” One of our affiliated high schools, “The High School,” is an associated high school of Vancouver Island University and is managed by the university as a private high school. It shares its campus area with VIU (Vancouver Island University) and has an at-home atmosphere and friendly school environment.

We have sent several students to The High School. Students who were initially passive or unmotivated made a lot of progress at school. Upon returning to Japan, their parents were very happy and surprised about how much they had matured into confident and proactive individuals. The High School has many advantages, including having Japanese staff and offering warm support to students; and through GDI, the school submits regular reports to parents on a student’s current situation. The picture below gives an idea of how life in The High School works.
For those who are planning a one-year study abroad program next year, now might be the time you have questions and anxiety about making the decision to study overseas. We offer a free counseling service, so if you want to ask about studying abroad or would like some advice/information, please contact us anytime at the email address below. We would be happy to offer you complete support for your study-abroad program, from initial counseling all the way through to your eventual return.
親愛なるお客さま、学生の皆さま、こんにちは!

10月がとうとう終わりを迎え、肌寒くなってまいりました。秋を感じる時期は本当に短く、これからどんどん寒くなりますが、場所によっては暖かいところもあるかと思いますので、重ね着をして、温度調節をしっかりしてくださいね。今月、留学部門からは高校から留学をご検討の皆様へ向けた情報をお送り致します。さて、高校生の皆さま、「英語外部検定利用入試」はご存知でしょうか。近年大学入試において、「英語外部検定利用入試」を採用する大学が増えてきております。この入試はIELTS、TOEFL、英検といった「4技能英語検定」を入試に活用しており、東京大学、早稲田大学を始めとする難関国立大学や人気私立大学の多くが既に導入しており、今後さらに増えると予想されています。この経緯としては、近年訪日外国人旅行者の増加など、社会のグローバル化に伴い、国内外どこにいても外国人の存在が身近となりました。大学では、グローバル社会に適応する英語力を育成するため、留学やAll Englishでの授業など、教育内容が改革されています。そして、教育を受けるだけの基礎力があることを見極めるために、この入試制度が導入されているようです。

もちろん、留学をすることは高校の英語能力が高いと大学への道も広がるだけでなく、「若い」というメリットを活かして異文化体験をすることで、たくさんの情報を吸収し、視野が広がり、自分のこれからの選択肢も広がることでしょう。

弊社ではすでに数々の高校の生徒様へ留学サポートをしております。弊社と提携のある高校の中から今回は「The High School」を紹介させて頂きます。この学校の特徴はバンクーバーアイランド大学の付属高校で、大学経営の私立高校である点です。そのためVIU (バンクーバーアイランド大学)のキャンパスを大学生と共有しており、アットホームでフレンドリーな学校です。

弊社からこちらの学校に留学された生徒様も数名おりますが、始め消極的だった生徒様が学校で成長され、帰国時にはしっかりと自分から発言され、積極的になっていく姿がみられ、保護者の方にも大変喜ばれております。ここの学校の利点は、日本人スタッフがいらっしゃり、生徒様へのサポートが手厚いだけでなく、弊社を通して保護者様への定期的な状況報告もしていただける点にあります。

以下は学校の様子です。

来年、1年間の留学をご検討されている生徒様にとって、今は留学への決断に向けて様々な方面で質問や不安が出て来る時期かと思います。弊社では無料でカウンセリングを受け付けておりますので、一度留学に関して聞いてみたい、相談に乗って欲しい、情報が欲しいなどのご要望がございましたら、いつでも下記へご連絡くださいませ。弊社では留学に関するちょっとした相談から、実際の留学帰国まで全てサポートさせて頂きます。

Corporate Social Responsibility

We welcome you to join SFN!

We are very excited and proud to announce the upcoming Santa and Friends Nagoya Christmas event, which will be held on December 10th, 2017.  As you may know, Santa and Friends Nagoya, or SFN, was established 13 years ago by GCI CEO James Hedden and is still going strong in the Nagoya area, supporting 250+ orphans each and every year.This year we are very lucky to have the opportunity to use the Aichi Prefecture Gymnasium; therefore, we are in the planning stages of a Christmas Mini Olympic event.  You read correctly!  Mini Olympics!

Our team, including a number of GDI staff and a diverse group of volunteers from various nationalities, are now in the planning and preparation stages of what looks to be a very exciting event for both children and volunteers!

Here is where you can help out. Every year, we receive 200+ letters to Santa, all from orphanages and homes. The children sending the letters range in age from three to 18 years old.

We are now looking for companies that would like to assist and help to purchase some of the gifts for the children. The budget for each child’s gift is a maximum of 3,000 Japanese yen. If you are interested and able to help out with SFN gift purchases, please contact:

And of course, all those who purchase a gift for a child are more than welcome to join the event on the 10th of December.  Please let us know if you have any questions.Thank you for your continued support of our volunteer and CSR activity.

ボランティア活動に参加してみませんか

GDIのCEOであるジェームズが12年前から名古屋で始めた養護施設の子ども達へのボランティア活動であるサンタアンドフレンズナゴヤ(SFN)のクリスマス会が12月10日に開催されます。今年は愛知県体育館を貸しきれたので2020年の東京オリンピックも近づいていることもあり、クリスマス会とミニオリンピックを掛け合わせております。GDIのスタッフはもちろんのこと、多くの国際色豊かなボランティアのみなさんが一丸となりイベントの準備を進めております。そこで、みなさまへご協力を呼びかけたいと思います。

毎年、200名ほどの施設の子ども達1人ひとり(3歳から18歳)から、サンタさん宛にクリスマスプレゼントのリクエストお手紙が届きます。昨年までは、ある企業の職員さん約100名が一人ずつにプレゼントを準備してくれたのですが、企業先の都合により今年からそれが不可能となってしまいました。

そこで、ある程度(10-100人)の子どもへプレゼントを準備していただける企業様または個人の方を探しております。ちなみに子ども一人へのプレゼントの予算は3,000円までです。ご興味のある方は、是非ご連絡ください。

連絡先
もちろん、その方はイベント当日も是非ご参加いただければと思います。子ども達と一緒に過ごしませんか。

New Staff Introduction

Hello Everyone !

My name is Rich Mirocco, and I’ve recently re-joined GDI as  an instructor and content creator. I grew up in the New York City metropolitan area, and I worked in New York City for many years. But I am much more comfortable hiking in the Catskill Mountains, located about 65 kilometers from downtown Manhattan.

Over the last few years I have traveled to and lived in several foreign countries, including Japan from 2010 to 2015. I am thrilled to be back and excited about working with GDI once again.

In each country I visited, the mother tongue was challenging to me: Korean, Spanish, Icelandic, Italian, Swedish, Mandarin, and of course Japanese. I experienced both the challenge and reward of communication and day-to-day living in foreign countries, but was also relieved to learn that people spoke at least some English wherever I went.  My regard of English as a valuable global language has thus increased, and that motivates me to study (Spanish and Japanese) and help language learners get to the next level too.

Our tiny planet has so many languages, and people look and dress differently wherever you go, but they want the same thing: to connect. And language is the key to unlocking global connectivity.

みなさん、こんにちは!

GDIのスタッフにインストラクター、そしてコンテントクリエイターとして再び加わることとなりました、リッチ・ミラッコと申します。私はニューヨークシティの都市部で育ち、過去には同都市にて何年も働き、過ごした経験がありますが、個人的にはマンハッタン中心街から65キロメートルほど離れたところに位置する、キャッツスキル山地をハイキングしている方が心地よく、自分に合っていると感じています。

私は2010年から2015年の過去数年にわたって、日本を含めた海外数か国を訪れましたが、このたび日本に帰ってきてGDIで再び皆さんと共に働けることを非常に喜ばしく、また楽しみに思っております。

私がこれまで訪れた国々での母国語は、どれも私にとっては挑戦的で、例えば韓国語、スペイン語、アイスランド語。また、イタリア語、スウェーデン語や中国語など、様々な言語に出くわしました。もちろん日本語にも。私は日々、海外での生活の中でコミュニケーションを取っていく中で苦難もあれば何か新しい収穫が得られる場面にも直面しましたが、数々の経験を通して、どこへ行ってもある程度は英語を話す人々と出会えたことで不安が取り除かれました。それゆえ、私の中での英語に対する、グローバルなランゲージとしての価値観は上がり、私自身もさらに懸命に語学に励み、また、言語習得に励んでいる人たちがさらにステップアップする手助けがしたいと、よりいっそう考えるようになりました。

私たちが共に暮らす、この小さな惑星では多くの言語が飛び交い、あちらこちらで多種多様な容姿をした人々に出会いますが、皆共通して一つの願いを持っているのではないかと思います。それは、「繋がる」ということ。そして言語はその願いをグローバルに叶えていきます。

Hello Everyone !

I am Emilio Vitor Jr.  I joined GDI Communications on October 2, 2017, as an overseas GPOD.  I will be working closely to support IWATA Label`s Overseas Team.I am a graduate of Philosophy with a Masters in Business Administration. I have worked as a corporate trainer for the past 17 years with various international companies in the financial industry; have been a consultant for three years with local SME companies; and have spent three years working in a management level position.

It is my passion and desire to always add value to people that I work/interact with, both professionally and personally.

みなさん、こんにちは!

私はエミリオ・ビトー・ジューニオと申します。株式会社GDIコミュニケーションズには今年の10月2日に国外GPODサービス担当として入社しました。主に株式会社岩田レーベル様のグローバルチームをサポートさせていただいております。

大学では哲学を学び、経営管理の修士号を取得しました。過去17年に渡り、金融業界の国際企業でトレーナーとして業務に努め、地方の中小企業でコンサルタントを3年間、また、管理職を3年間勤めた経験もございます。

一緒に働き、交流する皆様に価値を与えていくことが、プロとして、私個人としての情熱であり希望でもあります。

Hello Everyone !
I’m Aimee Clark, from Yorkshire in the north of England. I joined GDI as a GPOD based at Iwata Label from October 2017. I graduated from the University of Leeds in 2009 and previously worked in England, Hong Kong & Japan in IT service management; finance & pensions; corporate training; and of course, as an English teacher.

I love learning and teaching languages, and am fascinated by cultural differences and overcoming the communication problems these sometimes create. I am looking forward to my first experience working in a Japanese office and continuing to strengthen my Japanese language skills.

I also enjoy all kinds of music and sing jazz & pop songs. Recently, I have been learning Japanese songs too, so let’s try to sing together at karaoke!

Please ask me anything about the UK and British English. Nice to meet you!

みなさん、こんにちは!

私は、英国北部のヨークシャー出身のエイミー・クラークと申します。GPODとして今月GDIに入社し、株式会社岩田レーベル様を拠点として働いています。2009年にリーズ大学卒業後、英語の講師としてITサービスマネジメント、ファイナンスや年金、企業トレーニングの分野で英国、香港、日本で働いた経験があります。私は、学ぶことや言語を教えることが好きで、文化の相違や時に起こるコミュニケーション問題を乗り越えることに魅了されます。日本のオフィスで働くのは初めての経験ですが、自身の日本語スキルを強化していくことも楽しみにしています。

私は、様々な音楽を聴くことも好きです。そして、ジャズやポップソングを歌います。最近は、日本の曲を聴き学んでいます。今度、一緒にカラオケで歌いましょう!

イギリスやイギリス英語に関する質問等あれば、何でも聞いて下さいね。どうぞよろしくお願いします。