人工知能AI(Artificial Intelligence)による
英語学習への影響を考える

By Global Training GPOD
2023.2.22

人工知能AI(Artificial
Intelligence)による
英語学習への影響を考える

By Global Training GPOD
2023.2.22

AIと呼ばれる人工知能(Artificial intelligence)は、今日の人々の生活やテクノロジーとの関わりを大きく変えてきました。

最近ではOpenAIが開発したAIライティングアルゴリズム、ChatGPTがインターネット上で大きく取り上げられ、話題となっています。

これらAIの技術進歩がもたらす影響として、言語学習や教育のあり方についても変化が生じています。

第二言語としての英語は、世界で最も多く学習され、需要のある言語であり、AIシステムでは英語を第一言語としない人々の語学習得の一助となるよう設計されています。

この記事では、これらAIシステムが言語学習者にどのような影響を与えるのか、またこの傾向が意味するところを考えていきます。

目次

パーソナライズ化された学習

English

AIシステムではパーソナライズ化(個別化)された学習が可能なため、日本企業では社員の能力を判断するために、ProgosのテストのようなオンラインでのAIテストシステムが注目されています。

これらのシステムは、学習者の強みや弱み、進捗を分析することで、それに応じて学カリキュラムを提案したり、内容を調整したりすることができます。

このように学習をパーソナライズ化することで、より適格かつ適切な学習フィードバックがえられるため、より効果的、効率的な学習が可能となります。

中には場所を選ばず短時間で受けられるテストもあるため、外出先などで忙しいサラリーマンにも適しています。

さらに、AI学習システムではチャットボットやAI知能を搭載した言語パートナーと対話することが可能なため、話すことに自信がない学習者は、安心してサポートを受けられる環境で練習することができるのです。

ゲーム要素による影響

rodion kutsaiev 0VGG7cqTwCo unsplash

AIアプリを使った言語学習のもう一つの強みは、ゲーム要素(ゲーミフィケーション)を取り入れて学習できることです。

DuoLingoのようなアプリは世界中で広く普及しており、ゲーム要素における報酬やアチーブメント獲得、学習記録を取り入れることで、言語学習をより一層楽しくすることができます。

自信がない、あるいは不安を感じている第二言語学習者にとって、気楽に学習ができる理想的な方法とも言えるでしょう。

この他にも、ゲーム要素によってクリティカルシンキング(批判的思考)やパズルなどでロジカルシンキング(論理的思考)を養い、得点制度を利用するオンライン対戦では、オンラインコミュニティで人との繋がりを感じることができます。

リアルタイムフィードバック

icons8 team dhZtNlvNE8M unsplash

AIシステムの強みはまだまだあります。

AIシステムを通じて、学習のフィードバックや誤りに対しての修正を即座に行うことが可能です。

GrammarlyなどのAIシステムでは、ライティングにおける文法やスペルの間違いを自動検出し、正しいものへと修正したり、音声認識で発音や話し方についてもフィードバックを提供することができます。

その場ですぐにフィードバックされ、リアルタイムで間違いを訂正してもらうことができれば、学習者の言語スキル習得をさらに早めることができるのです。

AIシステムがもつ課題点

pixabay deltaworks 1

しかし、良い点ばかりではありません。AIシステムには大きな欠点や今後の課題も多くあります。

AIシステムの中には、アルゴリズム演算や自残にプログラムされたデータに頼るほかなく、言語学習で重要な細かなニュアンスや文化の違いを考慮できていないものがあります。

データが事前にプログラムされているため、不正確なないよ、不適切な内容、著作権の問題など、潜在的な懸念事項も多く存在しています。

言語学習において最も重要なのは、最終的には人間味を与えるということです。

人間の講師であれば、学習者のモチベーションと自信を高めるために必要な、個人的な交流や感情的な親密さを与えることができますが、AIシステムで同じようにするのは難しいのです。

経済的な面でも課題はあります。
このようなシステムを利用するために必要なテクノロジーやリソースを活用できない人はまだ大勢います。

そのため、システムを活用できる人と出来ない人に言語学習の格差がうまれてしまうのです。

まとめ

結論として、AIシステムの利用は諸刃の剣であると言えるでしょう。

記述した通り、AIシステムは第二言語学習に大きな影響を与える可能性をもっています。
パーソナライズされた学習、ゲーム要素、即時フィードバック機能を利用することで、効率的な学習体験をすることができます。

また講師が活用することで、より効率的に授業を行うことも可能です。

しかし、AIシステムにはまだ多くの課題があり、リアルタイムかつ最重要ともいえる生の人間によるフィードバックと比較して検討していくことが大切です。

最終的な目標は、機械ではない人間との相互コミュニケーションのために言語を学ぶことです。そのためにも、対面での学習と練習が不可欠なのです。

あわせてお読みください:AIに頼らない正しいメールの書き方

サービス

企業情報

採用情報

連絡

GDIコミュニケーションズ
GPOD Logo Final
Tel: 052 212 8207 | Fax: 052 212 8208
名古屋市中区錦1丁目11-20平和不動産名古屋伏見ビル(旧大永ビル)7階
| © 2024 GDI Communications Inc. | All rights reserved |
GDIコミュニケーションズ
GPOD Logo Final
Tel: 052 212 8207 | Fax: 052 212 8208
名古屋市中区錦1丁目11-20
平和不動産名古屋伏見ビル(旧大永ビル)7階
| © 2024 GDI Communications Inc. | All rights reserved |